晩秋の北海道・川湯温泉旅行 ③ ~幸福のえんじゅ、川湯温泉駅~

川湯温泉~釧路紀行も今回が最終回。
c0223825_730699.jpg

  足湯で暖まり、落ち葉をサクサクする感触を楽しみながら散策した後、近くのお土産もの屋さんに行きました。
c0223825_7313616.jpg

    「ニシパの店」という名前の木工のお店。 「ニシパ」はアイヌ語で長老、紳士などの意味です。
c0223825_732842.jpg

このお店には優しい顔をされたニシパのおじさんが一人で黙々と作業をされていました。暫く店内などを眺めていると自然と会話が始まり、まぁ飲んで(使って)みてよみたいな感じで、木製のコップに入れて頂いたコーヒーなどをいただいて会話を楽しみました。
このお店には、槐(えんじゅ)という木を使った器などがたくさんありました。槐は中国原産の木ですが、北海道や東北でもよく見られるとか。北海道では排気ガスに強く、丈夫で、大きくなりすぎる事がないとのことで、好んで街路樹にもよく使われているそうです。
c0223825_7573947.jpg

何より槐は「延寿」とも呼ばれ縁起の良い木で、魔除けの木、幸せの木としても親しまれているとかで、長寿や安産のお守りにも使われるとのこと。すっかり優しい木肌のこの槐が気に入って、ツマのお茶用、私のコーヒー用と2つ購入することにしました。手前のお猪口は、おまけにといただいたもの。丸くてコロコロと安定しない(笑)のですが、何とも愛嬌があり、愛用しています。
c0223825_7575943.jpg

この槐の優しい木肌に触れながら暖かいコーヒーを飲んでいると、あの時のニシパのおじさんの優しい笑顔を想い出します。
c0223825_802829.jpg

    ニシパのお店ですっかり長居してしまった私たち、もう川湯温泉駅へ行く時間。
c0223825_863175.jpg

    川湯温泉駅の駅舎は、昭和11年築という貴重なもので、白樺などがあしらわれたログハウス風のとてもモダンな駅舎です。
c0223825_872564.jpg

    無人駅を喫茶として利用する例が増えてきていますが、ここもそのひとつ。
c0223825_8102463.jpg

c0223825_8112490.jpg

    何といっても温泉街。駅にもあし湯があります。寒い冬の日、汽車を待つ間にちょっと暖まっていけます。もちろん無料。
c0223825_8122676.jpg

    さぁもう帰る時間です。
c0223825_814424.jpg

c0223825_8143324.jpg

    少年の頃から電車好きでした。こんな駅舎を見ると、いつでも少年時代に戻ってしまいます。
c0223825_8154778.jpg

    釧路駅行き 「快速しれとこ」に乗って札幌へ向けて帰ります。。。
c0223825_8163661.jpg

この川湯温泉、釧路紀行は1泊2日で時間も慌ただしかったのですが、しっとりした名湯に浸かり、静かな散策やニシパのお店など、よい思い出が沢山残った旅になりました。今でもツマとまた行きたいねぇと話す頻度の多い場所です。

  2008.11.2~3 釧路~川湯温泉にて。
  RICOH GRD2
  PENTAX K10D
  PENTAX DA18-250mmF3.5~6.3
  (槐の器の写真:SIGMA DP2s、クローズアップレンズ併用)

(おまけ)
200万画素のSONY CyberShot(DSC-U40)で撮った一枚。暗いシーンでノイズが結構入ったため、却って、旧いフィルムカメラのモノクロフィルムで撮ったような粒状感があるような印象(錯覚かな)が出たような気がしました。。。
c0223825_8385058.jpg

by bjiman | 2010-11-20 08:20 | 北海道日記(網走・知床・釧路) | Comments(8)
Commented by sorabayasi at 2010-11-20 19:10
こんばんは。
槐の器、柔らかく木独特の温もりを感じますね。
木製のコーヒーカップは初めてです。
槐の木はこちらの公園に2本植えられています。
枝がクネクネして特長ありますよね。
Commented by tetsu at 2010-11-20 23:13 x
こんばんは!

いや~
イイですよね。
川湯温泉駅、ニシパの店・・・
自分的にも、どちらもとてもお気に入りの場所ですね~
先日から言ってるように、道東方面はもうしばらく行ってないですから
来年の課題は道東かな!

温もりを感じる木の器もイイですよね~
それに、1両編成の快速列車も情緒溢れていますね!
あ、1両だから・・・列車じゃ無い!?(笑)
Commented by yoube2m at 2010-11-20 23:56
こんばんは。
木製のコップでいただくコーヒーは味わいがあり美味しいでしょうね!
川湯温泉ですか!この時期になると温泉が恋しくなります
お写真で楽しんで、美味しい料理を食べてそして温泉に入れば
最高の旅になれますよね
Commented by renchiyan at 2010-11-21 08:27
おはようございます
趣のある駅ですね 冬の季節にモノクロで撮ると似合いそうです・・・
Commented by bjiman at 2010-11-21 08:29
sorabayasiさんおはようございます。
この槐の器達は、ニシパのおじさんの人柄もあるせいか、とても
柔らかい印象で、ほんとそれが仰るようにぬくもりを感じさせる
印象になっているんだと思います。
コーヒーカップは私も初めてで、木製のコーヒーカップで飲む
コーヒーに当初違和感があったのですが今ではすっかり慣れま
した。腕の持ち手のところが大きなつくりで、またそれが無骨
だけど優しいニシパのおじさんの印象と重なり、好きな器です。
槐の木、街路樹で意識したことはなかったのですが割と好まれ
ているようなので見かけていたのに気づかなかっただけかも
しれません。今度しっかり見てきます(笑)
Commented by bjiman at 2010-11-21 08:47
tetsuさんおはようございます。
ありがとうございます。
道東は、私もあまり行かなかった場所で、根室には一度も行き
ませんでしたからかなり宿題が残っています(笑)。
釧路湿原や浜中湿原、根室中標津と色々行きたい所はあるので
また時間をとってゆっくり行きたいと思っています。

川湯で買ったこの木製の器は、とても愛用しています。特にツマ
の湯飲みは毎日使われているのでかなり使用感(笑)があります
ね~。お猪口はおまけでもらったのですが結構具合が良くて、
ずいぶん使っています。

快速しれとこ、、、'快速'な割にぜんぜん速くはない(笑)のです
が、そう1両だから快速'列車'ではないですね(笑)。
仕事で乗ったとき、札幌の方が、「釧網線なんて乗ったの久し振
りだなぁ~。前回いつ乗ったかとか思い出せない」と言っていま
した(笑)
Commented by bjiman at 2010-11-21 08:53
youbeさんおはようございます。
そうですね~。このコーヒーカップは、夜、のんびり珈琲を
飲むときに愛用しています。時間がゆっくりに感じられ、木肌
のぬくもりで癒されたりします。やっぱり手作り、それも作った
方の顔を想い出しながら使っているせいかもしれません。

そう温泉の季節ですね。ここは写真にもあるとおり、街全体の
温泉感がある(駅にも足湯、公園にも足湯、川には温泉が湧出
している、、、)ところで、なんかこうほんわかと暖かな思い出
が残っています。おいしい料理と一緒に、できれば寒い冬に出か
けてみたいところですね。
Commented by bjiman at 2010-11-21 08:56
夢遊さんおはようございます。
この駅舎をゆっくり載せてみたくて、この特集を3回に分けた
のでそう言っていてだけると嬉しいです。
モノクロ、雰囲気のあるアナザーカットを加工してみました。
雰囲気があるなぁと思って見ていたら、ファイルの記号(dsc)
で「あ、ソニーのサイバーショットか」と今気づきました(笑)
旧いカメラだったんでノイズがフィルムの粒状感みたいに錯覚
しただけかもしれないのですが(汗)。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 一眼レフラインナップ一新~20... 晩秋の北海道・川湯温泉旅行 ②... >>