軽井沢の夏休み⑦~万平ホテル編の④桧館での懐石料理

軽井沢・万平ホテルの和食処である「桧館」での懐石。
最初は山口県の日本酒ブランドのひとつ、獺祭(だっさい)のスパークリング日本酒(SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_00370866.jpg
この日の献立です。
c0223825_00424094.jpg
上の写真だと献立の字がよく見えないですね。後でまた確認したいかなと思ったのでアナザーカットを。
c0223825_00451626.jpg
前菜。まるで飾りのような美しい一皿。西洋料理の直截なお皿と感覚の違う部分だと思うんです。善し悪しではなくて。コケティッシュな感じさえします。
c0223825_00494459.jpg
お椀。お椀は懐石の花だと思うんです。素敵なお椀にこれまで何度も出会ってきました。そんな目で見ると、あえて勉強不足を棚に上げて言えば、このお麩のお椀は、お麩のもっちりした感覚が強すぎて繊細さの点で今ひとつかなと思いました。
c0223825_01091276.jpg
獺祭のスパークリングを飲み干し、最初にいただいたのは、長野県に敬意を表して諏訪の真澄。真澄はさすがにいつどこでいただいても変な癖がありません。素直でお料理の味を決して邪魔しない。日本酒の良い持ち味を持っていると思います。江戸切り子のぐい飲みは私も似たものを愛用していますが、涼やかで暑い季節にはぴったりです。
c0223825_01163627.jpg
c0223825_01230187.jpg
お造り。鮪、鯛、烏賊とベーシックな感じ。鮪は最近、こうした赤身のおいしさが(ようやく)感じられるようになりました。
c0223825_01255610.jpg
焼き物。お魚は、カレイの味噌漬け。器の織部の緑もよく似合います。
c0223825_01365131.jpg
冬瓜、小芋、湯葉などの焚き合わせ。良くある取り合わせですがほっこりした小芋と食感が気持ちのよい冬瓜。いついただいてもおいしい和の味ですね。
c0223825_01452147.jpg
蒸し物。前の焚き合わせと雰囲気はちょっと似ているけれど。揚げ芋饅頭の銀餡。銀餡というのは薄い葛餡のことなんだそうです。
c0223825_01535496.jpg
止め椀の赤だしと、お食事のきのこご飯。いただいていた時は少し平凡かな、と思っていたのですがこうして流れて見てみるとやっぱり美味しそうなお食事です。
またいただいてみたいですね。
c0223825_01571100.jpg
非常に基本的なことなのかもしれないのですが、ご飯の一粒一粒がきれいに形もくずれず、炊き加減も盛り方も本当にキレイ。プロの技ですね。
c0223825_01593035.jpg
水物。この写真はツマ撮影。こういう写真は、断然ツマの方が上手い!やっぱり好きだという気持ちがいちばんですね。あと、カメラもいいしね、RX100。 (SONY RX100)
c0223825_02032185.jpg
甘味と抹茶。最近、お茶会の体験練習に行っていないなぁ。。。(ここからまたDP2)
c0223825_02064125.jpg
いかがでしたか?私はとっても美味しいお食事でした。
c0223825_02441878.jpg
c0223825_02270460.jpg

2016.9.6 @軽井沢万平ホテル  熊魚庵 たん熊北店にて
SIGMA DP2 Merrill
SONY Cybershot RX100

# by bjiman | 2016-09-29 02:28 | 軽井沢が好き! | Comments(2)

軽井沢の夏休み⑥~万平ホテル編の③桧館での懐石料理

私のツマは、「百年名家」とか「建もの探訪」等の番組が好きでよく見ているので、たまに私も一緒に見るのですが、歴史の中に生き続けてきた建物には一種の履歴書のようなものがついてくるんだろうと思います。
万平ホテルの「桧館」は、さしずめ、そんな歴史の履歴書がある建物として風格があります。

万平ホテル「桧館」 SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC
c0223825_00522117.jpg
この風格ある建物は、明治中期に建てられた三井財閥の連家のひとつ、鳥居坂家のもので、大正年間にここ万平ホテルの敷地に移築され、戦前は万平ホテルの「日本館」として富裕層のご婦人方の茶会などに供され、戦後はGHQに接収され将校の保養施設として使われた時代もありました。幾多の歴史の変遷を経て使用者も変わり続けたこの総桧造りの建物は、今は万平ホテルの和食処として、京懐石の老舗「たん熊 熊魚庵 たん熊北店」がその運営の任を担っています。
c0223825_00545629.jpg

(この写真のみSONY RX100)
c0223825_01033096.jpg
内部は上品な和の香り漂う由緒正しく質素な家というそのものの雰囲気。柱の外側が建物をぐるりと巡る外廊下だったのでしょう。欄間なども丁寧な細工が施された素敵なものです。
(SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_01401061.jpg
c0223825_01132770.jpg
c0223825_01152597.jpg
床の間は、わずかな面積でも空間を切り替えて居室自体は狭くしながら空間を豊かに見せる効果があるんだな、とこの頃つくづく思います。
c0223825_01442898.jpg
電球色の穏やかな色合いは、気分を落ち着かせて、食事もおいしく見せます。
c0223825_01464097.jpg
食事は、桜の葉を浮かべたような白湯から始まります。白湯といっても薄塩味であり、厳密な白湯ではないのでしょうけれど。心が落ち着き、食事を待つ気持ちが整えられるのかなと思います。
c0223825_01502193.jpg
最近は、日本酒のシャンパン(スパークリング日本酒)を出すところが増えましたね。
爽やかで、とってもいい。
c0223825_02204655.jpg
遅くなってしまいましたので、続きは明日。

2016.9.6 @軽井沢万平ホテル 桧館
SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC
SIGMA DP2 Merrill

# by bjiman | 2016-09-28 02:23 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

軽井沢の夏休み⑤~万平ホテル編の②歴史ある資料館~

万平ホテルの中に、このホテルが刻んできた歴史の証人たちが展示されている資料館があります。資料館の案内板も、軽井沢掘の見事なものです。
SIGMA sd Quattro+SIGMA 18-35mmF1.8DC
c0223825_01141028.jpg
この案内板の裏はこうなっています。猫足のヨーロッパ的なバスタブは、まだアルプス館では使われているそうです。
c0223825_01152990.jpg
入り口を入っておっと目にとまるのがこのソファ。1972年(昭和47年)に田中首相と米国・キッシンジャー大統領補佐官がこのホテルで会談した際に使用したソファだそうです。一見、両方同じに見えますが座ってみると、右側のソファはクッションが抜けています。そう、こちらが田中首相が座った方で、これを見た方のほとんどが、首相が座った方に座ってみた、ということがよく分かりました。キッシンジャー氏の方なんて、まだクッションが結構大丈夫なまま。まぁ「補佐官」の方に座りたいとは思わないですね。
c0223825_01210012.jpg
YAMAHAの、一見、ピアノのお稽古に使われそうなアップライトピアノ。でもこのピアノ、1976年から亡くなる前年の1979年までの4年間、万平ホテルが気に入って毎年訪れていたというジョン・レノンさんが弾いたこともあると聞くと、「エッ」(そんなのがここにあっていいの?)と思ってしまいます。
c0223825_01250274.jpg
この椅子。大正時代にロビーで使われていたものなんだそうです。まん中がこんもり盛り上がった、ビロードのような光沢のある生地は、子供の頃はよく見かけましたが、こうして見るととてもモダンですね。
c0223825_01300410.jpg
c0223825_01312735.jpg
この金庫、大正時代から、なんと、平成14年まで使われていたそうです。
c0223825_01332726.jpg
c0223825_01343401.jpg
菱形のステンドグラスになった飾り窓。1902年(明治35年)に新築された当時の本館で使用されていたものだとか
c0223825_01412640.jpg
この什器類のイラスト、何だと思いますか?美大生やデザイナーが描いたスケッチにしてはデッサンというよりは、やや漫画的なタッチの筆使い。それもそのはず。このイラストは、GHQがこのホテルを将校の保養施設として接収した際に彼らが描いた、いわば「接収リスト」であるからです。こういう占領されていた歴史を忘れてはいけないと思います。
c0223825_01460526.jpg
資料館で歴史を勉強した後はお食事です。食事はホテルを予約した時に選べた宿泊プランの中から、懐石付きのセットがお得なような気がして予約しました。何しろお店は、京懐石の「たん熊熊魚庵」たん熊北店が営業しているというので、「えぇったん熊ぁ」と即座に予約してしまったのです。このお店も、敷地内に移築された明治時代の三井財閥の建物を使って営業するなど、ここでしか味わえない建物の風格を楽しむことができますが、、、後から思えば、歴史あるダイニングでのフランス料理にしておけば良かったとちょっと後悔しました。でも、ま、また行けばいいことなので。ここ和食の提供される桧館も、2回目とか3回目に万平ホテルに来た際には一度味わっておきたいところだなと思いました。
c0223825_01560316.jpg
今夜は夜遅いので、また明日にしましょう。
2016.9.6 @軽井沢万平ホテルにて
SIGMA sd Quattro
SIGMA 18-35mmF1.8DC

# by bjiman | 2016-09-27 01:57 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

軽井沢の夏休み④~万平ホテル~

今年の遅い夏休み。宿泊の最初は、軽井沢の伝統あるホテル、「万平ホテル」でした。

万平ホテルにて SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC
c0223825_01015461.jpg
このホテルの長い歴史等は、ホテルのホームページ等でご確認いただければと思いますが、ここ万平ホテルは、「なんで今までここに来なかったのか」と思わせるだけの魅力に溢れた素晴らしいホテルでした。
c0223825_01080417.jpg
1894年(明治27年)にそれ以前の旅籠から欧米式のホテルに業態転換し、「亀屋ホテル」として創業。歴史の荒波の中で、昭和20年には米軍に接収され、将校向けの保養施設となっていた私たち国民にとっては屈辱的な時期もあります。明治期には東郷平八郎、昭和に入っても三島由紀夫を初め多くの著名人に愛され、1976年からはジョン・レノンさんが気に入って毎年訪れるようになったという場所。昭和11年に完成したアルプス館は今もそのままの姿を維持しつづけています。
歴史を見つめてきたロビーには、何も形容する言葉を必要としない貫禄がありました。2007年には経済産業省が指定する近代化産業遺産に指定されています。
c0223825_01192188.jpg
玄関に飾られる「MAMPEI HOTEL.」の看板は創業当時からのもの。創業者の佐藤万平氏に因むものです。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_01243709.jpg
この日はちょうど移動中に雨が降ったりで、駐車場のHSも少し濡れました。駐車場自体は収容台数も多くて止めやすいです。
c0223825_01240781.jpg
風格ある館内には随所にステンドグラスがあしらわれ、上質な雰囲気を盛り上げています。
c0223825_01380790.jpg
c0223825_01394525.jpg
この日の食事は和食を選択。京都の老舗、たん熊さんが入っています。この日の席はこちらではなくて、離れの素敵なお屋敷の方でしたが。
c0223825_01420392.jpg
風格あるダイニングでのフレンチのディナーをいただかなかったのは心残りですが、また来ればいいことですし。メニューが素敵な軽井沢彫の台に入れられていてオシャレ!
c0223825_01451942.jpg
ちょっとしたラウンジのようなミニコーナーも、窓から見える中庭のデザインがまるで一枚の絵画のようで。
c0223825_01473819.jpg
お部屋は、いちばん新しい別館。宿泊は直前に予約したのでこれは仕方ないところ。この別館は東急ハーヴェストクラブの会員制ホテルとして運営されていたこともありました。レイアウトはとっても素敵でゆったりしたオシャレなお部屋でした。
c0223825_01555916.jpg
窓の外側は森になっていて、窓越しに見る景観は、本当に森の中にいるようなくつろぎ感。いいレイアウトだと思いました。
c0223825_01590504.jpg
c0223825_02011945.jpg
明日は、館内の資料館見学、それから夕食を取り上げてみたいと思います。

2016.9.6 @ 軽井沢万平ホテルにて
SIGMA sd Quattro
SIGMA A18-35mmF1.8DC
SIGMA DP2 Merrill

# by bjiman | 2016-09-24 02:03 | 軽井沢が好き! | Comments(2)

軽井沢の夏休み③

軽井沢の夏休み。素敵なカフェで窓越しの景観を楽しんで少し元気も出てきました。

SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC
c0223825_01511430.jpg
旧道通りを歩いていると、いろんな魅力に気づきます。良い意味での古さと新しさの共存というか。。。こうしたモダンな建築がある一方で、、、
c0223825_01554388.jpg
c0223825_01582531.jpg
c0223825_02390729.jpg
ハッとするいい昭和の日本がある。それは、明治時代以降、外国人に見いだされて磨かれてくる中で洋と和が混合しながら発展してきた時間の流れが磨いたものでもあるでしょう。(江戸屋さんの写真のみDP2)

c0223825_02013034.jpg
おっと昼寝を邪魔してしまった。ごめんね。
c0223825_02423920.jpg
c0223825_02453135.jpg
チャーチストリートは、新しい建物のようでした。軽井沢の新しい景観なんでしょう。
c0223825_02054186.jpg
全体にチープ感がありますが、適度にというのか分かりませんが、軽さがある種の気軽な雰囲気につながっています。
c0223825_02080804.jpg
こういう(日本が指向する)アメリカ的なお店が、あえて、というかそれもレトロを気取っているんだとしたら、らしい演出だなと思います。今の若い人って星条旗に憧れなんて、ないでしょうから。(下2枚はDP2)
c0223825_02122720.jpg
c0223825_02481731.jpg
c0223825_02503603.jpg
このSASH!の意味がよく分からなかったのです。SASHは、調べて見ると帯、飾り帯のような意味のようなんですが、、、
c0223825_02190902.jpg
SASH!Internationalとあったので調べたら分かりました。佐藤靴店だったんですね。SAtoShoesInternational、、、という。。きっと、SASHの何かの意味にひっかけているんでしょうけどね。こうやってテラスを見ていると、なんとなくギリシャに旅行した時のリゾート感みたいなものがありますけど。
c0223825_02243303.jpg
なんとなく欧風。なんとなくですけどね。
c0223825_02255438.jpg
どこを切り取ってもそれなりに絵になります。
c0223825_02273760.jpg
c0223825_03105649.jpg
郵便局も外国人を意識。
c0223825_03151777.jpg
私が惹かれたのは、桜の花をモチーフにした「軽井沢彫」。軽井沢彫のお店が何店舗かありますが、時間がない中でもじっくり見てしまいました。こちらが一彫堂さん。

c0223825_02303069.jpg
こちらが大阪屋家具店さん。どちらも老舗で、軽井沢を見いだし、避暑地として愛した外国人のために、西洋家具をコツコツ試行錯誤しながら作ってきた歴史があるそうです。日本を感じさせる桜の花をモチーフに、また、母国に持って帰ることも考えて組み立て式にしたりといろいろ考えたんだとか。
(DP2Merrill)
c0223825_02335869.jpg
悩みに悩んで今回お土産に購入したのが、下の2点。一彫堂のフリーカップは白磁に桜のモチーフをあしらったオシャレなもの。和と洋が混合したような軽井沢らしいもの。(万平ホテルの売店で購入。)下のお皿は、大阪屋家具店さんで購入したもの。やはりこの桜のモチーフと、まわりのピックで彫ったような点々のある文様が軽井沢彫らしい魅力。(DP3)
c0223825_03000782.jpg
軽井沢には、やはりこうした旧い洋館風の仕立てがそれらしく似合いますね。(DP2)
c0223825_03020448.jpg
こういう建物を見ていると大好きだった札幌を思い出します。洋と和の融合、、、そんな共通点を無理矢理考えました。
c0223825_03060793.jpg
そしてやっぱり軽井沢といえばテニスコート。「あなたを待つの、テニスコート♪」なんて言っても若い人は分からないでしょうね。テニスやゴルフは紳士淑女のスポーツですものね。今度やってみたい!(できるのか、、、)
c0223825_03125767.jpg
c0223825_03085703.jpg
旧道通りそぞろ散歩も終わり、駐車場でクルマをピックアップして、この日の宿泊所である万平ホテルへ向かいました。
c0223825_03194170.jpg
2016.9.6 @軽井沢にて
SIGMA sd Quattro
SIGMA A18-35mmF1.8DC
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill

# by bjiman | 2016-09-23 06:00 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

軽井沢の夏休み②

軽井沢をご存じの方には今更ですが、軽井沢には軽井沢駅周辺の「旧・軽井沢」エリア、中軽井沢駅周辺の「中軽井沢・塩沢」エリアがあります。
まずクルマを旧軽エリアの駐車場に止めて、それから歩き始めました。
軽井沢幼稚園の隣、いいカフェがありました。(SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC)
c0223825_05554925.jpg
ミカド珈琲。2階が喫茶室になっています。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_06032180.jpg
ここの「モカソフト」は、軽井沢を愛したジョン・レノンさんがお気に入りだったそうで、ここの名物。
c0223825_06061715.jpg
雰囲気のいいカフェで窓越しに軽井沢の空気を感じながら、こんな珈琲とケーキのゆっくりした時間。魅力的でした。ケーキは、軽井沢らしい名前のついたこのお店の名物「旧軽井沢モカロールケーキ」と、珈琲は、ここ軽井沢旧道通り店のハウスブレンドという「旧道通り」。珈琲は酸味のある喫茶店らしい味でした。
(SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC)
c0223825_06131574.jpg
窓越しの景色がいいんです。
c0223825_06191810.jpg
空を見上げたら、広がるうろこ雲。秋が訪れていました。
c0223825_06272627.jpg
このお店は、昭和56年に出来たとか。(DP2)
c0223825_06211487.jpg
前日遅くまで仕事してた疲れと興奮は、ここでのおいしい珈琲とゆったり流れる時間の中で徐々に消えていきました。
c0223825_06243402.jpg
旧軽通り散策。明日に続きます。
2016.9.6 @軽井沢にて
SIGMA sd Quattro
SIGMA A18-35mmF1.8DC
SIGMA DP2 Merrill

# by bjiman | 2016-09-21 06:29 | 軽井沢が好き! | Comments(0)